会費制結婚式のマナー|一生に一度の一大イベントである結婚式をよりよくするために!

会費制結婚式のマナー

結婚式

会費はご祝儀袋に入れるのではなく現金手渡しで

会費制の結婚式の場合、受付係がその場で金額を確認する必要があるため、会費をご祝儀袋に入れる必要はございません。現金手渡しで問題ありませんが、スムーズに受付できるよう、お釣りを出さずに指定された会費分を手渡すようにしましょう。

会費とは別にご祝儀を包む必要はありません

会費とは別のご祝儀は基本的に必要ありません。親戚として出席する場合、包んでも問題はありません。式前日や後日に贈り物をしても良いでしょう。自分の結婚式の時に頂いたご祝儀が会費以上だった場合、不安に感じる方もいらっしゃると思いますが、そのような場合は商品券などを贈るのがおすすめです。

独特なマナーがある

ご祝儀制の結婚式とは異なり、会費制の結婚式には上記のような独特なマナーがあります。もし、不安な場合は新郎新婦や他の招待客に確認しましょう。もし、会費制の結婚式に出席されたことがある方がいらっしゃれば、どのようなマナーがあるのか、どのような雰囲気だったのか、確認してみるのも良いかもしれません。